ホーム>膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みについて

膝の痛み

腰痛に並んで証されるのが膝の痛みですが、痛みの原因はさまざまなものがあります。

大きく外傷と繰り返し外力が加わって起こすものの2つに大別されます。

小児から高齢者まで幅広い年齢層で痛みを起こし、スポーツや日常生活動作に支障をきたします。

膝の痛みは出来るだけ早く治療することが大切となります。

電気治療だけで治療をされておられる方、薬だけに頼っておられる方、是非一度山田接骨院の膝の治療をお受けください。

エコー検査

Step.1
超音波エコー検査

当院にてリハビリ

Step.2
水の治療

走る女性

Step.3
1週間でほとんどの方は
良くなります

関節内に水が溜まるというものです。原因は様々でありますが、多くの関節水腫は治療でなくなります。

一般的に水を注射器にて抜くことを想像される方が多いと思いますが、当院では特殊なテーピングやセッティングと言う体操をして、水をなくす電気療法、手技療法を施します。

  • 痛みもなく安心して治療が受けられます。
  • 水の状態は超音波エコーでも確認をいたします。
  • 短期間で水はなくなります。(症例により多少期間に違いがあります)

何回も水を抜かれている方は一度検討してみてください。

膝診察

Step.1
診察

大学病院

Step.2
膝専門医
東京医科歯科大学を紹介

山田接骨院外観

Step.3
術後のリハビリは
当院で行います

バスケ、サッカーなど激しいスポーツ選手、特に女性に多いケガであります。

ALC損傷は、スポーツ選手の寿命を左右する大切な障害であり、手術を必要とする場合が大多数を占めます。

大変難しい手術となりリハビリも大切となります。

当院では、東京医科歯科大学に手術を依頼し、大変良い結果を出しております。

リハビリには時間がかかりますが、みなさん頑張って早期スポーツ復帰を目指して頑張っております。

変形性関節症の重傷者に施される手術であり、人工の関節に入れ替えるものです。

退院後の関節の動きの確保や筋力強化など手術後のリハビリが大切になります。

当院では人工関節のリハビリ(膝・股関節)の治療に特化した治療を行っております。

病院に手術のご紹介もいたしますのでお気軽にご相談ください。

成長痛

子供の膝の痛みには色々ありますが、中には悪いタイプの成長痛といわれるものも存在いたします。

しっかりとした診察が必要であり、痛みの原因をしっかりと把握することから治療は始まります。

多くの場合運動をすることにより痛みが増し、練習が思うように出来ないこともあります。

人によっては日常生活にも支障を伴うこともありますので、早めに診察が必要となります。

成長痛の主なもの

  • オスグット病:膝下の出っ張りを伴った痛み
  • 棚障害(脂肪体):お皿の下の運動痛・パキパキと音がする
  • ジャンパー膝:お皿の下の運動痛
  • ディスコイド:外側の半月板の損傷

その他色々あります。

まずはお気軽にお電話ください山田接骨院,お電話にてご予約承ります053-447-4970予約優先制

受付時間 日・祝
8:30~12:00
15:00~19:00

◎は8:30~13:00となります

デイサービスYAMADAの診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:15
13:30~16:45

受け入れ可能人数はお電話ください。